Google Search Console の動作に対する推測

Published: 2021/12/29


Google の Search Console では、どのキーワードの検索から、どれぐらいの流入があったかを知れるようになっているが、それがどのように実現されているのか自明ではなかったので、それについてのメモ。

最近のブラウザにおいては、 <a> のタグに ping という属性を付与できる。 参考リンク。 これは、その<a>タグがクリックされてページ遷移を行う時に、その ping 属性で指定された url に向かって、 POST リクエストを投げる代物の様子。

Google は、検索結果のページのすべてのリンクに対して、 ping 属性で集計用のエンドポイントを指定しておいて、リンクがクリックされたら、その情報をこれで収集している様子。 実際に、適当な検索結果ページのソースを見てみると、この属性が指定されていることが分かる。

こうして実際のユーザーのクリックを観測することで、 Search Console などにおいて、その情報を集計した結果を表示しているのだと考えられる。

ここで気になるのは、どれぐらいのブラウザがこの機能をサポートしているのか、だが、以下の Can I Use の結果を見ていると、主要なデスクトップとモバイルのブラウザにおいて、この機能は大体サポートされているのかが分かる。 (なお、 Firefox だけはプライバシーのために、デフォルトでこの機能がオフになっている。)

https://caniuse.com/ping


Tags: seogoogle-search-consolehtml5html

関連記事

About

エンジニアです。 仕事では Xincere Residence を作っています。 このサイトは個人のブログであり、所属団体の意見等とは関係がありません。

Tags