Scraps

XHTML

MIME を application/xhtml+xml とすることで、 XHTML 形式をブラウザに読み込ませることができる。

https://caniuse.com/xhtml

scrap とは、イメージ一つで表せられる概念のこと

card 的表現が一番正しい。 一方、 Article とは、一塊の情報であって、これも card で表現は可能。

webpack

mizchi による、 webpack splitChunks の最適化の基本方針。

  • https://qiita.com/mizchi/items/418be9abee5f785696f0

Vue.js に外部ライブラリの dom 操作を組み込む

vm と dom 操作を自力でやれば、外部ライブラリを integrate できる。

Vue Router

router.push などにおいて利用される route 解決が欲しい場合、それは router.resolve から行える。

Nuxt での Vue Router 上の meta の取り扱い

Nuxt においては、 Vue Router 上の meta 指定相当のことは、各ページコンポーネントに meta のフィールドを生やすことで指定できる。

ただし、 router middleware や asyncData などでしかそれは利用できない。

Vue 3 での Reactivity System

Proxy によって、 attribute の読み書きをフックする。 obj['attr'] = valdelete でも動作する。

venv

python3 から公式に導入された仮想環境ツール。 virtualenv inspired.

useSelector

react-redux が提供する Hook。

効果: store の一部を select する。 select 結果が変わる場合には re-render が走る。

useMemo

const memoizedValue =
  useMemo(
    () => calc(valA),
    [valA]
  )

キャプチャ変数たちに変化がなければ、前の render の値を利用する hook.

useAsyncData

調査して、次の記事にまとめた:

  • useAsyncData とそれを実現する Nuxt 3 の非同期処理の機構

---2022/09/21

unist

unifiedjs における AST の総称。

https://github.com/syntax-tree/unist