Scraps

XHTML

MIME を application/xhtml+xml とすることで、 XHTML 形式をブラウザに読み込ませることができる。

https://caniuse.com/xhtml

scrap とは、イメージ一つで表せられる概念のこと

card 的表現が一番正しい。 一方、 Article とは、一塊の情報であって、これも card で表現は可能。

Vue.js に外部ライブラリの dom 操作を組み込む

vm と dom 操作を自力でやれば、外部ライブラリを integrate できる。

https://v2.vuejs.org/v2/examples/select2.html

Vue 3 での Reactivity System

Proxy によって、 attribute の読み書きをフックする。 obj['attr'] = valdelete でも動作する。

https://www.sitepoint.com/vue-3-reactivity-system/

Vue Router

router.push などにおいて利用される route 解決が欲しい場合、それは router.resolve から行える。

useAsyncData

  • key は固定値を利用するのが想定
  • 非同期にデータを取得し、その promise の解決に応じて、 data, pending, error の ref を更新していく機構

であることが読み取れる。

useSelector

react-redux が提供する Hook。

効果: store の一部を select する。 select 結果が変わる場合には re-render が走る。

Nuxt での Vue Router 上の meta の取り扱い

Nuxt においては、 Vue Router 上の meta 指定相当のことは、各ページコンポーネントに meta のフィールドを生やすことで指定できる。

ただし、 router middleware や asyncData などでしかそれは利用できない。

米国の事業形態

  • Partnership : 組合
  • Corporation : ざっくり(株式)会社法人 (参考: Wikipedia )
  • Proprietorship : 個人事業

unist

unifiedjs における AST の総称。

https://github.com/syntax-tree/unist

TPU

  • GPGPU : 行列演算など、元々の GPU を汎用化したもの。
  • TPU: Deep Learning 用に組まれた回路。 8bit ないし 16bit で演算を行う。

Top Level Await

  • モジュールの依存関係は、 DFS で木構造に整理される
    • back reference は無視される
  • 依存先の top level eval が(await 含め)完了してから、依存元が top level eval される